• 東京都内で人気がある納骨堂

    お墓参りは、春と秋の彼岸や盆にプラスして、故人の命日にも行ってきたいものですが、遠い場所にお墓があるとなれば行くべき日にはどうしても都合が悪くていけないということもあるものです。


    しかし、納骨堂であれば東京都内でも身近な場所に施設があることも多く、いつでも故人に会いに行くことができます。

    東京の納骨堂の情報収集がもっと楽になります。

    納骨堂にはさまざまなタイプがあるのですが、いずれにしても一般の屋外のお墓を利用するよりもはるかにリーズナブルな料金で提供されています。

    東京都内で多くの人に利用されている納骨堂の形としては、主にロッカー式と仏壇式があります。ロッカー式というのは、コインロッカーのように扉のある棚の形をしたものが室内にたくさん並べられており、その中の一つを骨壺を入れる場所として使用させてもらうことになります。

    朝日新聞デジタル情報がリニューアルしました。

    墓石のようなシンボルとなるものは特にありません。



    お墓参りの際には、扉を開けた後に中をスライドして引き出すことができたり、別に取り出して設置ができる場所を設けている施設も東京都内にあります。

    また、仏壇式では仏壇のような形をしたものが横にたくさん並べられており、その中の一つを利用することになります。


    上段は、自宅にあるような仏壇と同じように、花を飾ったり故人の写真を置くことができ、他にも故人が生前に使っていた眼鏡や指輪、お気に入りで使っていたものなども置くスペースがあります。
    下段になると、扉がある収納スペースになっており、ここに骨壺を設置することになります。