• 東京都内で利用する納骨堂

    お墓は屋外というのが一般的でしたが、近年では東京都内でも建物の中にあるお墓でもある納骨堂タイプを選ぶ人が増えています。


    納骨堂にはさまざまなタイプがあり、屋外と変わりがないような形式で利用ができるものもあります。

    人気の東京の納骨堂に関する疑問が解決できます。

    花を備えることはもちろんのこと、お線香をたいたり水を墓石にかけることもできます。

    建物の中にあるということで、天候に左右されずに雨や風の日でもお墓参りに行くことができ、バリアフリーやエレベーターなどの設備も充実していることから、足腰が悪い人でも便利に行くことができるというメリットがあります。

    最先端のnanapiについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

    また、東京都内でも一般的な納骨堂のタイプとして、ロッカー式や仏壇式があります。


    ロッカー式では、コインロッカーのような形をしている扉が付いた棚の中の一つを遺骨を、収納する場所として利用することになります。東京都内のお墓の種類の中でも予算的にぐっと抑えることができるタイプになるのですが、上下の段には他の家の人の遺骨が入っていることになるので、上下を気にする人もいるでしょう。
    仏壇式になると、ロッカー式のように上下左右に別の人のお墓があるということはなく、左右には別の人の仏壇があっても上下は自分たち専用として使うことができます。仏壇のようにして上段には花を手向けたり、好きなものを置くことができます。



    遺影や故人が生前に身に着けていた眼鏡、好きだった趣味のものなどを置いたり、下段には遺骨を収納できる扉がついています。