• 東京で人気の納骨堂とは

    納骨堂とは、遺骨を収蔵する屋内型の施設ですが、東京などの都心部ではビル型の納骨堂が注目を集めています。

    東京の納骨堂情報は見逃せません。

    以前は、お墓を建てるまでの一時的に遺骨を預けておくというイメージがありましたが、近年では、永代にわたって使用する人も急増しています。


    納骨堂には、民営のものと公営のものがあり、どちらも増えています。


    東京では、スペースをとらず、屋内で管理がしやすいことから、駅近の便利なところに作ることが多く、墓地に行くよりもお参りがしやすい納骨堂を選ぶ人も増えています。従来のお墓は、後継者がいないとお墓参りをする人もいなくなり、いずれ無縁墓になってしまいますが、納骨堂の多くは、後継者がいなくても利用できるところが多く、永代にわたって遺骨は管理されますから安心です。

    他種類に及ぶYahoo!ニュースの情報をご提供しています。

    法律ではお墓と同じ扱いとなりますから、都道府県知事の許可がないと開設することはできません。また、永代にわたって管理してくれるような、管理や経営状態がしっかりとしているところを選ぶことが重要となります。
    メリットとしては、風雨にさらされたり、雑草が生えることもありませんし、東京などの都市部では交通の便がよいところが多く、お参りしやすいというメリットがあります。

    また、墓石がないため、低予算で供養することができ、宗旨・宗派不問の場合が多いのも特徴です。


    ただ、管理費は通常のお墓よりも高い場合もあり、骨は土に還すものだと考えている人には抵抗感があるかもしれません。